今日は、be careful と言う単語について詳しく記事を書いていきます

気をつけてくださいと言うは日本語でもよく使いますね。



ただしこの日本語を英語でどのように表現していいか?

というのを意外と知らない人も多いかもしれません。



「気をつけて」と言う日本語を英語で表現するには主に2つの言い方があります。



1つはbe careful

もう一つはtake careを使います.。



今回は、be careful と言う単語について詳しく述べていきます。



be carefulを会話で使うときは、ものすごく簡単な言い方で表現できます。

例えば、誰かと一緒にいて何か危ない場面があったとしたらBe carefulと使えばいいのです。



その他の表現も例文としてまとめました。

・I’ll be careful.気を付けます。(反省します)



・be more careful! (もう少し気を付けて。)



・Be careful not to get sick! (風邪ひかないようにね)



・Be careful of your health.(健康に気をつける)



・Be careful. It’s very hot.(気を付けて、とても熱いですよ。)



・Be careful what you say.言葉を慎みなさい.



・Mind [be careful about] your language. 自分の言っている事に気を付けなさい。



・Please be careful with suspicious emails.不審なメールにご用心ください。

 

【食べ物や飲み物に関するbe carefulの表現】

・Be careful not to eat too much!食べ過ぎに注意しなさい。



・Please be careful not to drink too much.飲みすぎには注意してください。



・Be careful of too much salt intake.塩分の取り過ぎに気をつけて。





Be carefulは、他に少しだけ違う日本語訳をする時ががあって

それは大切にすると言う意味を含んでいます。



Please be careful with the ring.

その指輪を大切にしてくださいと訳されます。



このようにbe carefulを使うだけで「気をつける」という表現に関して

かなりの範囲の表現をカバーすることができます。



Take careも気をつけてと言う意味を持ちます。



どちらも英語で使う時同じような意味を持ちますが、

take careでなく、take care ofと使われる場合、



「気をつけて・大事にする」と言う意味以外に



世話をする、事態を切り抜ける、処理する自分のことは自分で始末する

といった意味を持つ場合もあります。





これらの知識や活用法については別の記事や動画でお伝えしていきます。



今日は「気をつけて」と言う日本語を英語で言う場合の表現を勉強しました。