日常で起きた出来事や行動を英語で表現することで

スピーキング能力は効果的に高めることができます。





その理由に関して詳しく述べていきます。





英語のスピーキングを伸ばす方法として、

何気ない日々の動作をまずは日本語から英語に変換してみましょう。





普段起きたおおまかな事柄は、

中学生の授業で習った簡単な英語で表現できると思います。





しかし細かな部分や細部の表現時間軸や前後の状況、

これらを正確に英語で表現でるでしょうか?





細かな両者を英語で言うには、正しい知識・文法

それに、表現として引き出しを多く持っておく必要があります。





知識や英文法を正しく身に付けていないと、

間違った言い回しで英語を言ってしまう形になります。





言いたいことが言えなかった、

何か変な言い回しになってしまった、





と、自分で気づく事は非常に大事です。





できなかったと気づくからこそ、その部分を埋めるために、

勉強したり改善しようと思うわけです。





学習の仕方、勉強方法はそれほど難しくありません。





単語が口から出てこなかったのであれば、

知らなかった単語を調べれば良いわけです。





アウトプットがおかしかったと感じた場合は、

大抵文法のミスを犯している可能性があります。





文法に関してですが、まだ初心者のレベルであれば、

すぐに覚えれるような内容を選びましょう。





また、長くなりすぎたり理解が及ばない事例などは参考にせず、

あなたの中ですぐに理解できて、後々使えそうな参考例を頭に入れるようにします。





あなたが健康的な体を持ちに仕事をしているか、

普通に問題なく生活を過ごしているとします。





上記に含まれる人は

1日の中でかなり多くの動作をとっているに違いありません。





朝起きてから夜寝るまで行っている動作を

日本語から英語に転換してみましょう。





日常の動作は、光景的な記憶として残っているはずなので

頭の中で視覚的イメージとして描くことができます。







言いたいことを可視化できる事は、英語学習において非常に有利に働きます。





まずは日常の動作や事柄を英語で表現できるようになる。

これだけでも英語で話す力スピーキングは少し上がるでしょう。





もし今回の見地で述べたやり方以上のスキルを求めるのであれば、

外に出たときの出来事や過去のストーリーなどを表現できる練習をしてみましょう。







それらができるようになれば、スピーキング能力は格段に伸びます。