今日は、littleについて勉強していきます。




単語の基本的な意味を確認していきましょう。

(こどもじみた、かわいらしい、つまらない、年少の、短い・・・など。



littleは、本来は「少量の、小さい」という意味で、

形容詞、副詞、代名詞としての役割を果たします。





不可算名詞として使われる場合、

「ほとんどない」という否定の意味を持ちます。



それに、先ほど書きましたが「小さい~」というような

見た目として、または規模や形状を表現する際にもlittleを使います。



英語での意味合いは、モノの量の「ある・ない」

といった強弱の度合いを示す場合として表現されます。



例文をあげてみます。



【形容詞的用法】ちいさい、若い、短い



little girl 小さな少女。



little man  年少の男の子



little time  短い時間



【副詞的用法】ほとんど~ない、しない

I have little money. 私は、ほとんどお金を持っていない。



There is little to do today. 今日は、することがほとんどない。



They see each other very little. 彼らはめったに会うことがない.



I have a little money.私は、ほとんどお金を持っていない。



There was little juice in the bottle.ボトルには、ジュースがほとんどなかった。



【代名詞】



I did the little that I could.わずかな力だったが、できるだけ行った。



He has seen little of life.彼は世間知らずな男だ。



【動詞の前に置く場合】



I little knew. 少しも知らなかった.



I little suspected. 少しも疑わなかった。



know,think,care,suspect などの動詞で使う。



まったく…しない (not at all)と同じ意味。



I had little to eat all day.

私は、一日でほんのわずかしか食べなかった。





【英文表現】

She started his company with little money, but he succeeded.

彼女は会社を少ない資金で始めたが、成功した。