makeには

~に~をさせる」という役割や使い方があります。





Get ,have,letにも同じ意味がありますが、

特に強制的に何かをさせる場合に用います。





自分の意思とは反する形で命令を受けたり何かを強制される使い方がされます。





文法的な要素は以下のような順序が基本です。





mdke+(目的語、代名詞)+ (形容詞、過去分詞)





口語でよく使われる表現です。

使役的な使い方ですが、「~の状態にする」というニュアンスです。





His Behavior made us angry.(彼の振る舞いは、私たちを怒らせた)



Let’s make it clear.それを、はっきりさせましょう。



You made it worse.あなたは、その事柄 事態をさらに悪化させた。

※比較級を使って、更に~という表現になる。





もう少し詳しく見ていきましょう。





日常的にありそうな簡単な例文をまずは挙げてみます。



The Detergent makes our skin worse.

その洗剤は私たちの肌を悪くさせる。



The teacher made him write an essay as punishment for his bad behavior.

その教師は彼に悪い行いをした罰として反省文を書かせた。



The accident made us realize the importance of preventive measures.

その事故は私たちに予防策の重要性を気づかせた。





2つ目の公文は無生物主語の公文と言って

方法、手段、条件、理由や目的などといったもの(無生物)が主語となって、

人間を「~させる」という構文のことです。