英語文法の本画像

今日は名詞の種類について学んでいきます。



名詞には



A群.数えられる名詞

B群.数えられない名詞があります。





さらに、A群の数えられる名詞には、普通名詞、集合名詞の2つがあります。





普通名詞と言うのは、

物などで一定の形があるものの名前です。





例を挙げると

cat, desk, book, studentなどがあります。





集合名詞は、同じ種類の人モノの集合体の名前です。

Family class,country...等。





一方、B群の数えられない名詞は3つに分類されます。





1.固有名詞 地名人名など、1つしかないものの名前。

Australia,Taro



2.物質名詞、一定の形や大きさのない物質や材料の名前。

water, sugar, wine,milk



3.抽象名詞 性質,状態,動作,概念などの名前。

love, beauty, music





さらに詳しく見ていきます。





A.数えられる名詞,つまり普通名詞と集合名詞は単数形と複数形に区別されます。



単数形とは1つの名刺を示し,a.an を名詞の前につけ、

複数形の名刺は2つ以上のものを表し、基本的には名詞の終わりe,esをつけます。





単数形の例を見ていきましょう。



a boy

a family

an Apple





複数形の例を見ていきましょう。



boys

some families

Two apples





B.数えられない名詞



物質名詞,固有名詞,抽象名詞が数えられない名詞です。

数えられない名詞は原則的に単数形で冠詞のa.anをつけません。





I want some water.





物質名詞はその単語では数えることができないが,

cup.pieceなどの容器単位を示す子を使う場合,一定の数量が表せる。





A glass of milk (コップ一杯のミルク)

A cup of coffee ( カップ一杯のコーヒー )

A piece of chalk ( 1本のチョーク )

A sheet of paper ( 1枚の紙 )





waterやmilkは、どんな状態においてもsがつかないというわけです。