「文章を書く力」と[英語力]

この2つの関係性について詳しく話をしていきます。





文章を書くというのは非常に

自己学習に向いています。





他の記事や動画、音声で何度も述べていますが、

文字を書くという行為の利点は、





「時間的猶予」があることです。



時間が許されているという事はすなわち、

深い思考を生み出してくれます。





もし、書いている内容や順序に迷いがあったり

躊躇してしまった場合、





書こうと思ったけど、

知識や情報が足りないと感じた時、





そんな時は、一度立ち止まって

ゆっくりリサーチ、

すなわち調べればよいのです。





グーグルやヤフーといった大手の検索窓に

キーワードを打ち込んでもいいし、





本や専門書を買って、手に入れたい情報を

勉強して頭に入れるのもいいでしょう。





あなたの仕事が、記事の執筆の外注や

在宅ワークの仕事を請け負いでない限り、





締め切り期限は設定されていないでしょう。

自分のペースで情報収集して記事を作ればいいのです。





ただし、書くことに慣れてきて

ある程度スキルやスピードが身についてきたら、





自分なりに完成までの期日を決めたり

一日一記事は作る・・・





といったスタンスは持っておいたほうがいいでしょう。





記事の執筆を継続させるためにも、特別な理由がない限り、

自分の得意なジャンルや好きな対象を選ぶことをおすすめします。





次は、記事を書く事の重要点やメリットを進めていきます。





執筆を行った後に、大切な事は

「見直すこと」です。

 



記事を作った後に再度確認することもしますが、

できれば一日ほど時間を置いて見直してみましょう。





文の言い回し、順序、語尾、文法・・・など

改善するべき場所が、いくつか見えてきます。





これは、自分で書いた文章を客観視する意味と目的があります。





自分の書いた作品を客観視する・・・

この作業は、非常に重要です。





悪い場所を発見して、改善を行い、

よりよいものに仕上げる。





こうして、修正や加筆を加えた文章は

はじめに作成した時と比べて、一段階レベルが上がります。





記事を書くということは、ただテーマに沿って

何かをアウトプットするだけではありません。





ひとつの文章や、次の展開、順序、

上手く伝わるか?





そして全体の構成に至るまで、

様々な部分を配慮して実践と思考錯誤を繰り返します。





だから、文を書く技術が上達すれば

その経験や頭脳が連携されて

話すスキルも上がるのです。





「書く事は、ひょっとすると、

はじめの時点では、決して楽ではないかもしれません。





しかし、人は難しいと思っていた事も

慣れれば当たり前のようにできるようになるのです。





うまくできるようになれば、それは苦ではなくなります。

スポーツでも同じような事がいえます。





私の場合は、何かのジャンルに特化することなく

必ずと言っていいほど、ビジネス的要素や

マインドを織り交ぜています。





その理由は普遍的学問であり、

万人に通じる内容だからです。





学んだことをすべてに活かす!



そういった思考や意識を持つと、

日々の生活の中でのアンテナが高くなり

吸収の幅が広がります。





コンテンツを作る人は、

できる限りの知識や経験を反映させる能力があるほど

記事や発信する際の表現や奥行きが豊かになります。